返信先東アジアの選手の漢字表記は紙の新

返信先東アジアの選手の漢字表記は紙の新聞を見るとわかります。韓国の李相花-選手の名前は新聞では漢字表記です。一方、は朝鮮の地名人名表記はカタカナですからイサンファです。

酒粕とベーコンビッツ入りのグリッシーニを作る

こんばんは、ぽち子です。

今回は自作ベーコンビッツがあるので

酒粕とベーコンビッツ入りのグリッシーニ

作ってみました。

小腹空いた時にいいんだなぁ。()

作業開始する前に、

固めの酒粕を使用する場合は

予め

酒粕水分牛乳などと合わせてから

一晩ぐらい冷蔵庫で置いておくと

作業しやすいです。

ドライオニオンと自作ベーコンビッツ

ミルサーで粉末にしておきます。

ボールに全ての材料を入れて混ぜます。

厚手のビニール袋に生地を入れて

麺棒で伸ばし冷蔵庫で寝かせます。

ビニール袋を切って生地を切り分け

低温でじっくり焼きます。

我が家のオーブンで110度60分、

その後乾かすように100度で60分。

アルミホイルかぶせて

酒粕を入れているとどうしても焦げやすいので

低温でじっくり焼きます。

皿からはみ出る笑

ビールのオツマミにもよし、

小腹が空いた時にもよし。

しっかり乾かすように焼いているので固焼き風

食べ応えはあります。

オニオンとベーコンビッツを入れることで

旨みもあって美味しいです。

早速、

家族の残業時のオヤツに持って行くそうです。

偶にはこんなオヤツもいいかも。

個人的にはワインのツマミにしたいなー(艸)

ダサイから誇れる言葉へ方言のブランド化時代が違えば考え方も激変する〜今日は方言の日

好きな方言、ある?

本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

皆様、おはようございます。

今日も目覚めた時点で、室温は五度。

相変わらずの寒さですね〜。

さて、当地は昨日、日本三大奇祭と呼ばれる裸祭りでした。宝木しんぎと呼ばれるありが

たい木をめぐり、たくさんの裸と呼ばれる男性たちが争いをくりひろげます。

宝木を得た人はその年の福男と呼ばれ、一年の幸福が約束されるといわれています。この

会陽えようをもって備前平野に春が来ると昔からいわれてきました。

この寒さもあと少しの辛抱、、、だと良いんですが笑

今日は方言の日ということで、少し方言についてお話ししてみようかと思います。

方言って、まあご当地の言葉ですよね。他の人が真似ようと思っても、なかなか真似られな

いものじゃないでしょうか。

以前、瀬戸大橋の近くの町を舞台にしたドラマが放映されていたのを見た時、役者さんの科

白は当然、岡山弁なんだけど、全然アクセントが違っていて、苦笑したことがあります。

私もそう思っとんじゃ。

これは私もそう思っていますという岡山弁ですが、言葉だけをそのまま読んだとしても、イン

トネーションが違えば岡山弁っぽく聞こえません。

これは何も、そのドラマに出ていた役者が下手なのではなく、ある程度は仕方ないことだと思

います。

京都出身ではない人が京都弁の科白を喋ったとしても、同じことではないでしょうか。やはり、

地の人間しか出せない抑揚というのが方言にはあります。それは付け焼き刃で出せるもので

なく、その土地に生まれ育った人が長年かけて身につけるものだと考えます。

私は放送大学で日本語アカデミックライティングを今期、学びました。お陰様で単位も無事

取得できたことが先日、判りました。その中で、方言に関するとても印象的なことを学んだので

すが、、、

方言って、ひと昔前はダサイものだと考えられがちでした。ひと昔どころか、ふた昔も前かも

しれません。まだダサイという言葉さえ生まれてはいなかった頃、地方から都会に引っ越して

きた中学生が転校先のクラスメートに方言を笑われて、自殺してしまったという痛ましい事件が

あったそうです。

それほど、まだ方言に対する偏見のようなものが存在した時代があったのですね。しかし、

今、方言は蔑視の対象になり得ません。何故なら、方言のブランド化が進んだからです。こ

れって、判りづらいと思うのですが、例えば、地方のとある町が町おこしのために方言を使った

言葉をキャッチフレーズにする。

岡山のうどん屋さんが店先に

遠いところをよう来たなぁ、まあ、ゆっくりして行かれえ。

と書いたノボリを立てたとする。

こういうことです。今までは方言は恥ずかしいものと思い、前面に出そうとしなかったのが、

むしろ積極的に表に出して使うようになる。

そういう傾向が最近は顕著です。

広島の方に行くと、ぶっち可愛いと大きく書かれたご当地キティちゃんグッズに遭遇しま

す。

ぶっちはとてもという意味だと思いますが、これも方言です。このように、方言をその土

地のカラーとして押し出して地元を全国的に売り込もうとする動きが今や各地で展開されてい

ます。

これが方言のブランド化で、こうなるともう、方言は恥ずかしい、隠しておくものではなく、

むしろ堂と語り、誇れる言葉になります。

時代が流れれば本当に考え方も激変する、、、といった好例のように思いませんか?

これから先、また時代が流れれば、今の考え方が変化することもあり得ます。そして、その変

化の先は、今の私たちが想像もつかないような斬新な考え方かもしれませんし、もしかしたら、

ふた昔前の考えたまで後退してしまうことだってあるかもしれません。

そうやって進化と後退を繰り返しつつ、流行というものは形作られていくのかもしれませんね。

それでは、休みも今日で終わりじゃけえ、ええ時間を過ごされえな。

ぼっけえ寒いから、出かける人は風邪を引かんように気を付けられえ。

瞳に映るもの

去年はニュース見てるといやな事件が多かった。

自殺願望の人達を殺していった相模原の事件を筆頭に、教師の盗撮、オレオレ詐欺の巧妙化。

子供の頃は学校の先生にニュースぐらい見とけって言われたような気がするが、こんな事件の

ニュースばかり見てたら、大人はこういうことをしている人だらけだと子供は思い込んで逆に悪影響

が出るんじゃないかと思ってしまった。本当は犯罪に関わらなくまっとうに生活してる人が圧倒的に多いのに。

そこから出来たのが瞳に映るもの。子供が見るもの、体験するものが美しいものだったらその子はいつま

でも美しくいられるんじゃないか、そうあってほしいと思って。それは自分の子供に対する願いでもあるし、

自分自身がそういったニュースに感化されたくないという気持ちもある気がする。

広告を非表示にする

マジか!ポプテピピックの前半がこおろぎ

マジか!ポプテピピックの前半がこおろぎさとみさんと矢島晶子さんのクレヨンしんちゃんチームで後半が森久保祥太郎鳥海浩輔うたプリチームだったのね!!明日にでも録画見直してみよ!ポプピピすごい豪華になってくね声優

思い出すのは、どの瞬間も楽しくて素晴ら

思い出すのは、どの瞬間も楽しくて素晴らしくて美しくて輝いていて愛おしい時間。今もそうだけど、今までもずっとそうだったなと思わせてくれる。過去を見つめることも苦しいけど、未来を見ていくことも、苦しいね。

「東トロ」ではどうだろう

 民営化を1か月後に控え、将来の大トロ車内では「民営化で地下鉄やバスがどうなる」広告が目につく。

 使い勝手や安全性が公営時代と変わらないから安心してください、と言いたいことはわかるンだけど。かつて、このパターンで大ウソ喰らった経験があるからねぇ。

 会社跨がりでも不便は起きないし長距離列車は国鉄時代と同じって、ほんとデタラメ。安全性に至っては.....国鉄時代絶対安全だったとは言えンけど、安全性より儲けが優先されてる風土は、JR-WだけでなくJR全体で蔓延してるしね。分割民営化を企画した連中、責任とって欲しいわ(って、噛んだ連中ほとんど死んでるけど)。

 だから、「民営化も今まで通り。今までより佳くなる」言われても疑わしいことは疑わしい。けど、、まぁ。分割するわけではないし、公営時代にはできないサービスもあるだろうから、ま、楽しみにはしときましょ。とりあえず、アプリ「オトモ」落としときましょ。

 民営化後の大阪の地下鉄は、「オ」「ト」と「オ段」の音でアピールするわけね。ま、イメージ戦略として、わかりやすいわ。残念なのは、慣れ親しんだコマルマークとお別れすることかね。国鉄の時とは違って悪者イメージはないから、無理にほかさんでもヨカッタ気はしますな。

 それで思い出したけど、民営化した市営地下鉄が大トロなら、東京の地下鉄は東トロと呼ぶことにしたらどうだろう。わが首都の世界に冠たる公共交通を東京メトロなどクダラヌ名称で呼ぶのは、恥ずかしいことこの上ない。途方もなく世界に恥さらししてると確信するのだが、これが東トロなら途端に親しみがわく。そもそもが、地下鉄道が転じて地下鉄なのだ。生まれながらにして音節を端折って呼ばれる運命に、地下鉄はあるのだ。

 もっとも、大トロと違って「とうとろ」と発声しては意味が通じない。ここはひとつ、東を「とう」ではなく「トン」と麻雀読みして、「トントロ」と呼んではどうだろう。ロンドンでチューブ、パリでメトロ、ベルリンでUバーン、東京はトントロ。う〜ん、素晴らしい。

 これから、東京の地下鉄はトントロと呼ぼう。少なくとも、他人さんの汚れたパンツ履いてるみたいな東京メトロより、よっぽど地に足がついてる感じがする。

「謎のアート」「血管みたい」 東京メトロ路線図を高低差まで表現したガチャ、なぜ生まれたか